留学後に現地就職した学生の割合は5.8%

今朝、Twitterでこんな記事を見つけた。

www.businessinsider.jp

アメリカの大学に進学した日本人にとって現地での就職がいかに厳しく、日本の就活はそれに比べて群を抜いてやさしいということがわかりやく書いてある。自分も初投稿の記事で書いたが、カナダでそのまま就職しようとしたら面接すらさせてもらえずに歯が立たなかったのでよくわかる。記事にあるように現地の学生であっても、「150社受けてやっと1社から採用通知をもらった」と言われるくらい、新卒の就職は厳しい。もし日本がこんなに厳しかったら150社も受ける前に自ら就職することを諦めてしまうだろう。逆に日本で就活したら、「受けた会社全部から内定を取った」という文章はやや衝撃的だったが。

この記事のタイトルを見ると「日本で就職せざるを得ない」とあるから、エリート留学生が現地でなかなか就職できないことを悲観している風に書いているみたいだ。少なくとも大半の留学生が望んでいたことではないからだろうけど、僕は現地で就職することが可能であってもアメリカで就職は絶対にしたくないと思っている。

アメリカは成果主義が強く、無事就職できたとしても仕事で満足な結果をだせなければすぐクビにされる。リストラもしばしばあるので、いつでも転職ができるように身構え続けなければならない。そう考えるといくら優秀であっても仕事のプレッシャーに押されて心を休める余裕なんて無いと思う。シリコンバレーなんてアメリカ国内でもダントツに厳しそうだし、あんなところで働くなんて絶対に嫌だ。

この記事でもそうだが、カナダでも大学卒業シーズンになると卒業生の就職難が取り上げられて、「STEM専攻ならまだよかった」みたいなことがよく書かれている。STEMを専攻した僕の経験上、専攻がSTEMだからといって就職は有利にならないと断言できるあれは就職ができない文系出身の人が口をそろえていう決まり文句みたいで好きじゃない。そもそも彼らのような文系を大学で専攻した人が、学問が難解なSTEMを専攻して授業についていけるのか疑わしい。

アメリカのような移民大国で現地就職しようとするのは、全世界の求職者を相手に競い合うことに等しいかもしれない。

東京サマーキャリアフォーラム2015の体験談

今からちょうど2年前、東京キャリアフォーラムに参加してきたときの話。今年のフォーラムも今月開催される。

ずいぶん前の話なのであまり細かいことは覚えていないのと、あまりいい思い出とはいえないというのもあって、それほど詳しくは書けない。とりあえず先に結果だけ一言。

僕はこのフォーラムに参加していた日系大手電機メーカーから内定をもらい、同じ年の10月に入社した。新卒の入社時期は通常4月だが、海外大卒業生向けに10月入社が用意されていた。ちょうど既卒で時間を持て余していた当時の僕にはありがたかった。既卒で就活している人は面接官に入社時期を相談してみてください。

では、本題。東京サマーキャリアフォーラムというのは、株式会社ディスコが開催する日英バイリンガル向けの就職フェアのことで毎年6月に行われる。ちなみにこの"日英バイリンガル"というのが曖昧だが、自称日英どっちもできます、ということであれば誰でも参加可能。200社以上が参加し就職フェアの中では最大規模なのだが、正規留学生の間ではアメリカ・ボストンで開催されるボストンキャリアフォーラム(ボスキャリ)のほうが有名。ネットでググると就活日記をつづったブログのほとんどがボスキャリのことを書いている。僕は最終的に東京で内定を得られたので個人的には多忙な時期に参加しなければならないボスキャリよりも、こっちをおすすめする。

事前応募は大手電気メーカーを中心に技術職に応募した。あとはWeb/IT系企業の一部に応募。他は覚えていない。相変わらずプログラミングがしたかったが、Web系企業がほとんど参加していなかったので、関心が薄れていった。全部で20社以上は応募した。キャリアフォーラムでは通常、企業にもよるが事前応募は通りやすいものの、面接で絞られていくので安全に内定を取るなら20社近くは応募するべき。確か1社だけウェブ版のSPIを受けたら結果が悪いせいで落とされた企業があった。SPIは日系大手であればほとんど受けさせられるが、自分の経験上、形式的に受けさせているだけのようなので結果がダメでもさほど問題ないっぽい。企業側が気にするかしないかの問題なのでテストの形式慣れしておく程度で十分だと思う。

当日は大手電機メーカー3社と一次面接。うち一社は面接官が意地悪で、新卒にしては年齢が高いところを突っ込まれた。(ほかにも嫌な質問はあったが覚えていない)結果はお祈り。残りはどちらも勤務先での最終面接に進めた。事前にスカイプ面接を実施した大手広告代理店の孫会社は会場で最終面接まで進めたが、数週間後にメールで祈られた。僕が参考にした、カナダで大学を卒業した人が勤務しているらしいワークスアプリケーションズにも興味があり、選考の一つでロジカルシンキングテストを受ける予定でいたが、開始時間を2度間違えて受けられずに終わった。

今勤めている会社は8月頭に最終面接を行い、1週間後に電話で内定の連絡をもらった。とりあえず無事におわって落ち着いている。

海外の大学を卒業した帰国生はなるべくCFNだけで就活を済ませてしまうほうがいい。就職先が参加企業だけに限定されるが、200社以上あるので十分だと思う。物足りなければ同時期に開催されるマイナビ国際派就職EXPOに参加すればいい。留学生向けの就職フェアで内定が獲得できないと、日本の一般生と全く同じ就活しなければならず、留学生の採用を検討してくれるような企業を探すことが途端に難しくなる。結果的に就活が長期化してしまいやすいからあまりお勧めしない。

最後に技術職志望で大学時代理系を専攻していた人は強気で挑んでいい。会場内を歩いていればすぐわかるが、留学生の大半は文系出身なので技術職にはほとんど人が集まらない。そんな中、留学経験を持ち合わせた理系出身者は就活をかなり有利に進められると思う。

カナダの現地就職に失敗した話

14年12月に単位を全て履修し終えて、僕はビクトリア大学のコンピューターサイエンス学科を卒業した。その後、帰国して日本で就活することを決めるまでの経路について語る。

 

志望していた職はプログラマー(呼び方はいろいろあるがソフトウェア開発関係の仕事)だ。大学時代は主にそういうことをずっとやってきたし、カナダ東部にある首都オタワでCo-operative Educationと呼ばれる、有給インターンシップ(別の記事で書く予定)で半年以上アメリカ企業に勤めていたこともあってごく自然な流れだったと思う。

職探しをしていたころは、バンクーバー郊外にあるサレーという町に住んでいて、ネットで見つけたカナダ東部にある企業などに応募していた。バンクーバーはそもそもテック系企業が少ないことを卒業前から知っていたので、あまり応募はしていない。

応募から数週間経過しても求人から返事が全く来なかった。ネットでレジュメ出すだけでは効果が全然なさそうだと感じてきたので、翌年の1月にUBCで開催されたテック系のジョブフェアに潜り込んで参加してみた。が、人事やエンジニア社員と話してみてもいまいち選考に進むためのステップが曖昧でうやむやだった。求人もないくせに参加している企業もあった。とにかくどの求人も学生にはハードルが高すぎるスキルや経験を求めすぎで、こんな求人そもそも埋まるのかと懐疑的に感じていた。

結局1社からは数日後にメールが来て、検討してくれるような話があったが結局面接すらできず自然消滅。偶然、大学時代の知り合いがその企業に転職したばかりで、進捗を聞いたりしていたが、結局役に立っていない。

その後もSAPなど大手企業の人事などとも電話で話をする機会もあったが、結局面接すらろくに受けられずに気づけば4月を過ぎていた。あきらめて前回のインターン先にも連絡したが、人事がまともに相手せず。方向転換してようやく帰国したのは6月中旬ごろだ。せいぜい2月ぐらいにはとっととあきらめて日本に飛ぶべきだったと思う。

失敗から学んだことをまとめるとこんな感じだ。

  • カナダはコネや人脈がないと就職はほぼ無理。面接の機会すらやってこない。
  • ネットで応募した求人は本名が原因で落とされている可能性が高い。
  • インターンの経験はそれほど役に立たない。ここで人脈を形成するべきだった。
  • 企業が新卒の採用に積極的ではない。
  • 永住権を所持していたが割とどうでもいい。

職種にもよるが、カナダには新卒の行く先はほとんどないと思う。たぶん大卒で無職かフリーターになる人は意外と多いかもしれない。今はカナダで働きたいなんて全然思わないし、今後行くこともないだろう。

次回は日本での就活について。