さらば。新卒就職難の国カナダ。

 

3年前、カナダで4年制の大学を卒業し、インターン先で職歴までつけたものの、面接すらできずにカナダの職探しは終わった。カナダの就職がなぜ厳しいのかこの経験を通してわかってきたことを紹介しようと思う。

就職にはコネと人脈が必須

まず最初に言えることはカナダ含めアメリカ、その他オーストラリアなど英語圏の国で就職するためには”コネ・人脈”が必須だ(以下人脈)。これがなければまず就職は絶対無理だと思ったほうがいい。面接に受けさせてもらうことさえ困難だ。

それは多くの英語圏の国は「村社会」だからである。

僕がカナダで仕事を探していたとき、ネットで求人を見つけてウェブ上の応募フォームに情報を入力したり、宛先のメールアドレスにレジュメを直接送ったりしていた。だが返信どころかお祈りメールすらほとんど来なかった。村社会だと受け取る側は「誰こいつ?」となるだけで、顔も知らないし話したこともないやつはできるだけ相手にしたくないと考えているようだった。

もちろん新卒だったので経歴が関心を引くものではなかったせいというのもある。ただほとんど返事が来なかった理由には人種差別によって無視されたものが多いのかもしれないと疑った。レジュメに記載された名前から白人か否かを判断して、相手にしたくない人種だったら無視するやつだ。これは外の人間からしたら採用担当側は何を基準に書類を落としているか誰にもわからないので、差別されてもどうにもならない問題だと言える。

前置きが長くなったが、書類を出すだけではこのように相手にされる確率が低く、就活をしている実感すら湧かない。書類で返事が来ないのであれば、人脈形成するしかない。

大学では企業の採用担当者がブースを設けて自由に学生と話ができる「Job Fair」が年に一度開催されるので、これを利用するくらいしかない。しかし、参加している企業の大半は地元企業ばかりだし、よっぽどのコミュ力がないと担当者の関心を引くのは難しい。年に1度しか行われないという点もかなり難易度を高くしている要因といえる。またこれは日本の合同説明会とは違い、担当者が会社の説明会をするわけではないし、面接をこの場でするわけでもない。

それ以外では自分自身で築き上げた人脈(知り合いや家族・親戚のツテ)に頼るしかない。運がいい人はそれで仕事を紹介してもらってそのまま就職というのもあるが、その仕事が大卒者向けとは限らない。

即戦力でなければ選考すらしない

これはカナダに限らず海外であれば常識。新卒だからといって採用側は新入社員を未経験だから仕方がないという見方を一切しないので、新卒者は転職者と同じ土俵で勝負しなければならない。正直これは世界の常識とはいえ、かなり厳しい現実だ。稀にEnter Level Positionと書かれた新卒向けらしき求人も見かけるが、一部の大企業でしか募集していないし、結局転職者が競争相手に加わったら新卒が負けるのは明白である。

企業側はほとんど新人を教育しようという姿勢がないので、新卒は上記の人脈をうまく使って未経験者お断りの壁をすり抜けられないと、いつまで経っても職歴をつけることができない。こんな状況は日本人から見たら地獄と言える。

就活時期が不定

日本のように就活時期が決まっていて就活シーズンになると一斉にスタートする状況とは異なり、企業側はポジションに空きがあるときにしか人を募集しないので、一度に多くの企業に応募できないし、まともじゃない会社だとダラダラと選考が長引いていつ決まるのか不透明であることがしばしばある。最近、日本では海外と比較したときに4月の一斉入社が批判されたりもしてきているけど、そのほうが活動すべき時期が明確になって流れがわかりやすいので、そのままのほうが良い。

 

CS専攻の新卒がカナダで求職。失敗に終わる。(3年前の話)

僕はビクトリア大学(University of Victoria)でコンピューターサイエンスを専攻し、2014年の12月に単位を全て取得した。

大学時代にはコーオプ(Co-operative Education)プログラムに8ヶ月間参加していた経験がある。簡単に説明するとこれは有給のインターンシップで、企業側が大学に在学中の学生向けに求人を公開し、卒業前に実務経験を積む機会を与えつつ、社内の業務を任せるものである。インターンとは言っても「有給」なので、学生という身分であっても実務をこなす義務があり、日本でいう「インターンシップ」とは意味が全く異なる。カナダに正規留学していた人であれば聞いたことくらいはあるだろう。

僕は8ヶ月(1月~4月をそれぞれ2回)間、カナダの首都オタワでソフトウェア開発者(Software Developer)として、ファームウェアの開発やアプリケーションのテスト業務などを行った。個人的には大学卒業前に関連する職歴を作ることができたのでこの経験は大きな自信に繋がった。

いざ求職してみたが...

2015年1月頃の話だ。このような経歴から、プログラミングを主な業務とする仕事を中心に職探しを始めた。方法としては大学時代のコーオププログラムの求人で知る機会があった企業などのホームページや連絡先などを通して応募した。バンクーバーはTech系企業の求人が少ないので、オンタリオ州の主要都市にある企業も含めて応募した。学歴も職歴もしっかり関連性があったので、やるべきことはできているという認識だった。ちなみに誤解がないように言っておくと、僕はカナダの永住権を所持していたのでビザが降りなくて就職ができないとかいう問題は一切ない。

ところが応募から数週間経過しても企業から返事は全く来なかった。ネットを介した応募ではらちがあかなさそうだったので、毎年1月にUBCで開催されているIT企業などがブースを立てて集まるジョブフェアに潜り込んで参加してみることにした。

www.cs.ubc.ca

だが、人事やエンジニア社員と話してみても面接に進めそうな雰囲気ではなかった。企業のホームページに掲載されている意外の求人があるのか期待していたが、特にそのようなことはなく、やはりネットで応募してくれということらしい。企業の中には求人も無いくせに参加している企業もあって今考えるとちょっとムカついた。何しに来てるんだよ。

求人の内容を具体的に見るとどれも仕事の内容が高度で、前提知識やスキルは新卒に務まるような内容ではなかった。確かにネットに掲載されている求人もほとんどそんな感じではあったけど、こんな条件で本当に企業は新卒を欲しがっているのか強く疑った。

f:id:minazuma:20180102203612j:plain

UBCのキャンパス内

何も進展がないまま時間だけが過ぎた

結局1社からだけ数日後にメールが来た。検討してくれるという内容だったが、結局面接には呼ばれず自然消滅した。偶然、大学時代の知り合いがその企業に転職したばかりで、選考に進めさせてくれるよう頼んでみたが、進展はよくわからないまま終わった。所詮、平社員だから何の権限もなかったのだろう。

その後もSAPなど大手企業の人事などとも電話で話をする機会もあったが、経歴についてちょっと聞くだけの会話で面接ではなかった。結局、面接すらろくに受けられずに気づけば4ヶ月も経過していた。

そこで普通に職探しをするのはあきらめ、前回のインターン先に正社員として雇ってもらえないか連絡してみた。が、以前勤めていたことがある企業だというのに、連絡を入れてみると「忙しい」などと返されて、結局書類落ちした模様。正直、仕事内容はつまらなかったし、できれば行きたくないと思っていたところだからもうどうでもいい。

帰国を決意

無駄な時間ばかりが過ぎて、ニートのような生活になり精神的に苦痛になっていた。同居している親からの叱責や文句も増え、家の居心地も悪くなった。結局、日本に帰国して就職しろという話になり納得した。自分を全く必要としていないカナダ社会にようやく見切りをつけることにした。面接すらできなかったのだから、最初からすぐに諦めて帰国するべきだった。もっと言えば在学中から日本に帰国するつもりで就活の準備を進めていればよかったと今は激しく後悔している。そしたら2015年の4月に入社できていたのに。

僕は小学生時代に住んでいた千葉にあるマンションを拠点に6月から日本で就活を始めることになった。続きの就活は「東京サマーキャリアフォーラムの体験談(2015)」で紹介する。

 

ビットバンク(bitbank)で入金番号の入力をせずに振り込む失態。正しい入金方法紹介

ビットバンク(bitbank)で入金番号の入力をせずに振り込んでしまい、サポートに問い合わせて対応してもらった。公式によると入金番号の入力忘れが多発しているらしい。

ビットバンクで仮想通貨取引を始めるには、まずビットバンク指定の住信SBIネット銀行口座宛に振り込む必要がある。入金方法はビットバンクのサポートページで解説されている。

bitbankcc.zendesk.com

PCでもスマホでも4.までは書いてある通りに従えば特に間違えることはない。問題なのは5.で自分が利用している銀行口座から振込を行う場合だ。三井住友銀行SMBC)の口座からスマホアプリを使って振り込んでみたものの、あとになって気づいてみたら入金番号を入力していなかった。振り返ってみたらそもそもそのような情報を入力する入力欄がなかったのだ。

僕がここで戸惑ったのは「入金番号はいつ、どこで入力すればよいのか」である。

どの金融機関から振り込むのかはユーザーによりけりであるせいか、ネットで調べてもいつ入金番号を入力すればいいか詳しく説明しているサイトはなかった。さすがにこれでは普段インターネットバンキングを使わない人に対して不親切すぎると思ったので、入金番号(正確には入金番号+名前(カナ))を入力するまでの例をここに紹介する。

例としてSMBCから振り込む場合の方法を紹介する。

PCから振込:

1. SMBCのホームページにアクセスし、ログインする

www.smbc.co.jp

2. 振込・振替を選択

3. 「新しい振込先に振り込む」からビットバンク指定の口座を登録

4. 出金口座・振込金額の設定画面で振込依頼人項目から「変更可能」を選択

5. ビットバンクの日本円入出金画面で振込依頼人名義に記載された内容に変更

スマホアプリから振込:

1. ログイン

2. 振込

3. 「新しい振込先に振込」からビットバンク指定の口座を登録

4. ①誰に振り込みますか?→ビットバンクの口座を選択

5. ②お客様の出金口座を選択ください→出金したい口座を選択

6. ②口座を確認してください→依頼人名を入金番号に変更

 

既に謝って振り込んでしまった場合は下記のお問い合わせページから「入金番号忘れ」を選んで必要事項を記載する。

https://bitbankcc.zendesk.com/hc/ja/requests/new

早めに対応してもらうなら振込明細を切り取ったスクショを添付しよう。SMBCの場合、スマホアプリだと明細の情報が不十分なので、PCのブラウザからログインして取得したほうがよい。

f:id:minazuma:20180225183439p:plain

問い合わせフォームの入力が完了すると自動返信メールが届く。入金反映まで時間がかかるとあったが、午後11時以降の問い合わせから翌日の午後3時頃には入金が反映されていた。参考までに。

 

 

 

ボストンキャリアフォーラムのここがおかしい

今年度もボストンキャリアフォーラム(略称:ボスキャリ)の時期が近づいてきた。

僕は参加したことはないのだが、CFNの中では最も有名な就活イベントなので聞いたことだけはある。自分がもし参加することになっていたらと想像したら理解できないところや不満だと感じるところが多かったのでまとめてみた。

なぜこの時期開催するのか理解不能

毎年11月中旬の金曜日から日曜日の3日間をかけて開催されているのだが、この時期は海外の学生にとって最も学業が忙しい時期だ。中間テストや課題に加え、12月からは期末テストが控えている。これだけで参加者である学生たちに対して非常に不利な状況を運営側は作り上げている。実際に本番では参加者たちの全く準備ができていない姿が浮き彫りになっている。(履歴書印刷のためにプリンターに並んで長蛇の列を作ったり、履歴書を手書きしたりする姿など)本番で準備ができている少数派はどうやら夏休み中に行っているようである。

開催期間は計3日間だが、初日は金曜日なので平日は授業を欠席する必要がある。ここで運悪く中間テストの日程などが重なったりしてしまう人がいないか気になるものだ。実際に聞いたことはないが、年に一度の就活に参加するので日程をずらしてくださいなどというお願いは規模の小さい大学でない限り通用しなさそうである。そうなったらどうするのだろうか。逆に噂によると3日目はほとんどの企業が選考を打ち切るらしいと聞いているので開催は土日2日間にすればいいのではないか。

採用する企業側の視点に立っても11月という時期は理解できない。日本の就職活動でエントリーがスタートするのは春からで、面接は遅くても6月には解禁している。11月の時点では日本の大学生のほとんどは就職先が決まっているし、大手企業や人気のある企業は採用を終えているはずで、10月には内定式も実施済みだ。留学生のために特別枠を設けておくにしても日本の学生と同じタイミングで選考できない理由が不明である。

ボストンで開催する意図がわからない

なぜ開催場所がボストンなのかも不明。これは90年代で日本の正規留学生の人口が最も多かった頃、就職先として需要が高かったのが金融業界だったようで、金融都市であるボストンになったのではないかと推測している。ただ、今となっては金融に就職するための就活イベントではないのだからボストンである必要はないはず。中途半端な規模の東京ウインターなんかやめてボスキャリを東京に移せばいい。そうすれば企業はわざわざアメリカになんか行かなくて済むからかなり楽になるはずだし、カナダで大学通ってる人からすれば面倒なビザ申請も不要になる。

1万人以上の参加者が同じ街に集まるので宿泊場所も課題らしい。ネットでは数か月も前に予約を入れないといっぱいになるとかいう話も見た。会場周辺の宿泊施設に対して金儲けさせたいだけなのだろうか。

ボストン観光が参加の一部目的という疑惑

参加者にとってこんなに悪い条件なら開催時期や場所はとっくに変わっていてもいいはずだが、このイベントが毎年恒例になっている原因は参加者側にあるようだ。

ひとつは正規留学生は男性より女性のほうが数が多く、そのほとんどが海外旅行が好きで半分観光目的で参加しているかもしれないこと。まだ就活をする必要がない1,2年生でも様子見で参加するのが何人かいるようだが、観光が目的のひとつになっているようで怪しい。

もうひとつは同じく出展する企業の採用担当側も会社の経費を使ってタダでアメリカに行けること自体を楽しんでいるように見える。採用担当者が外のレストランで夕食会を行ったりする意味不明な選考方法はボスキャリ特有のもので、東京キャリアフォーラムでは聞いたことがない。見え張ってアメリカ式パーティーを満喫したいだけではないのだろうか。

参加人数はキャリアフォーラムの中で最多のようだが、そうとなれば当然競争率も上がる。既に説明した通り、このイベントは金融業界が中心のフォーラムなので、銀行や証券会社を受けるつもりがなければわざわざ参加する必要はない。どうせなら規模も同じくらいで、夏休みを利用して準備に専念できる東京サマーキャリアフォーラムのほうが良い就活ができるだろう。

留学後に現地就職した学生の割合は6%程度しかいない事実

今朝、Twitterでこんな記事を見つけた。

www.businessinsider.jp

アメリカの大学に進学した日本人にとって現地での就職は非常に厳しいが、日本の就活はそれに比べて群を抜いてやさしいということがわかりやすく書いてある。自分も初投稿の記事で書いたが、カナダで就職しようとしたら面接できなかったからうなずける。

記事にあるように現地の学生であっても、「150社受けてやっと1社から採用通知をもらった」と言われるくらい、アメリカの新卒の就職はもともと厳しいのだ。

もし日本がこんなに厳しかったら150社も受ける前に自ら就職することを諦めてしまうだろう。それとは反対に日本で就活したら「受けた会社全部から内定を取った」という話は極端すぎる例なのであまり鵜呑みにしないほうがいい。

アメリカは成果主義が強く、無事就職できたとしても仕事で満足な結果をだせなければすぐクビにされる。リストラもしばしばあるので、いつでも転職ができるように身構え続けなければならない。そう考えるといくら優秀であっても仕事のプレッシャーに押されて心を休める余裕なんて無いと思う。

この記事でもそうだが、カナダでも大学卒業シーズンになると卒業生の就職難が取り上げられて、「STEM専攻すればよかった」みたいなことがよく書かれる。だがSTEMを専攻した僕の経験上、専攻がSTEMだからといって就職は大して有利にならない。あれは就職ができない文系出身の人間が口をそろえていう決まり文句みたいで嫌いだ。そもそも彼らのような文系出身の人が、難易度が高いSTEMを専攻してちゃんと卒業できるのか疑わしい。

日本で就活すればさほど苦労することなく大手企業や人気企業からの内定をもらえるような人であっても、アメリカの現地就職となれば状況は全く異なる。新卒と転職者の線引きがないアメリカでは6%程度の就職率になるのは当然のことだ。職歴がない新卒はおとなしく日本で就職したほうが今後のためだろう。

東京サマーキャリアフォーラムの体験談(2015)

カナダで現地就職することはきっぱり諦め、2015年の5月頃から、日本で就職するための準備を本格化した。そして6月下旬に東京ビックサイトで開催された「東京サマーキャリアフォーラム」に参加してきた。当時の体験をまとめようと思う。

f:id:minazuma:20180102205334j:plain

開催地の東京ビッグサイト

事前応募の流れ

CFNのアカウントは就活が終わったあと、退会したので当時応募した企業のリストは持っていないが、今も受信ボックスに残っているメールからいくつか特定できた。実際に応募した企業は以下の通り。

ISIDアドバンストアウトソーシングKDDIウェブコミュニケーションズ、ワークスアプリケーションズ、ディスコ、川崎重工業、リコーITソリューションズ、楽天NECソリューションイノベータ、インフォコムパナソニック三菱電機東芝日立製作所、サンディスク

大学時代はIT系の学部を専攻していたから、Web系と電気メーカー傘下のSI企業の一部に応募した。残念なことにWeb系企業は数が少なく、よくわからないスタートアップ企業への応募は避けた。電機メーカーには興味がなかったが、親の勧めでとりあえず数社応募した。

書類選考を通過した者だけがフォーラム当日の面接に進めたり、書類選考はせずにとりあえず当日ブースに来るよう連絡してくる企業など、選考方法は企業によってまちまち。事前にWebテストを課してその結果だけで次の選考の合否を決める企業もあった。事前応募した企業の数がそこそこ多くてすべて対応しきれず、面接予約案内が来ない企業は関心がなくなって放置した。また、事前エントリーの作業が膨大な企業は面倒くさくなって途中で諦めたりもした。結果、書類選考落ちの連絡を受けたのは2社。

Webテストについて

SPIは日系大手であれば受検必須だが、自分の経験上形式的に受けさせているだけのようなので点数が悪くても問題なさそうである。企業側がスコアを気にするかしないかの問題なので、テストの形式慣れしておく程度で十分だと言える。SPIに自信がなくても興味がある企業であれば構わず応募することを勧める。ただし1社だけ結果が原因で落とされた企業があった。

当日の面接と結果

そしていよいよ本番。当日の面接予約は以下の通り。

  • 社員対談?...1社
  • 一次面接...5社
  • 二次面接、企業独自のテスト受検...1社
  • 最終面接(二次面接後、確定)...1社
  • 企業独自のテスト受検...1社

エンジニア社員との対談があった企業1社は本社でディスカッションとやらの案内メールが来たが、遠方だったので無視。面接の案内でもなく選考に進んでいるのかよくわからないというのもあって放棄した。一次面接は3社通過、1社は落ちた。残りの1社は面接時間を間違えたので放棄。事前応募した企業のうち、6月上旬にSkypeで一次面接を実施した企業は最終面接まで進んだ。企業独自のテスト受検を控えていた1社は開始時間を一度ならず、二度も間違えたので放棄した。

結果、フォーラム直後に選考中となった企業は4社のみ。この時点で内定はゼロ。一週間後にはマイナビ国際派就職EXPOにも参加して、さらに選考途中の企業を増やした。

フォーラム開催後の進捗

フォーラム会場で最終面接を受けたとある企業は3週間後に不採用通知が届いた。

一次面接を通過した1社は、職場見学に出向いたとき、仕事に必要なITスキルの研修が皆無だと気づいてやめることにした。

残り2社はテストセンターとWebテストのSPIをそれぞれ受検。どちらも悲惨な結果だと想像していたが、両方とも見事通過。どちらも技術職向けの募集だったためか、学生時代に取り組んだ技術課題の発表を最終面接で求められた。が、うち1社は内容が全くまとまらず、発表資料が作成できずに面接を辞退した。もう1社も同じ理由で悩まされ、自信がなかったがダメ元でそのまま受けることにした。

結果

選考途中だった総合電気メーカーから内定を得た。最終面接から1週間後のことで、8月中旬頃だった。同年10月に入社した。

アドバイス

海外の大学を卒業した帰国生はなるべくCFNだけで就活を済ませてしまうほうがいい。就職先が参加企業だけに限定されるが、200社以上あるので十分だと思う。物足りなければ同時期に開催されるマイナビ国際派就職EXPOに参加すればいい。

留学生向けの就職フェアで内定が獲得できないと、日本の大学生と同じような就活をしなければならなくなる。その場合留学生の採用を検討してくれるような企業を探すことが難しくなり、就活が長期化してしまいやすいからお勧めしない。CFNで内定を獲得する自信がない人は、海外大生向けのリクナビ就職エージェントやキャリタス就活エージェントに登録して、専門家に手伝ってもらおう。